コテ、デジカメや携帯の充電器、ドライヤー・・・旅行に電気って欠かせないですよね。ただ、海外旅行でこれらをスムーズに使える?というと、変圧器やコンセントの変換プラグが必要なこともあります。

理由は、国によって電圧が違ったり、コンセントの形状が違うことがあるからです。
私も行く前にまず知恵袋とか探したんですが、「プラグにさしこめばふつうに使える」という声も、「ぜったいNG」という声もあって迷いました。

なので下調べした結果と、実際に行ってみた結果をまとめてみました~


◆グアムの電圧

まず、日本は100V、GUAMは120V。コンセントにつないだときの電圧は違います。

電圧の違うグアムで電化製品を使うと故障の原因になりますが、それは、日本の電化製品で100V専用だったらの話。

今はある程度使える電圧に幅を持たせている電化製品が多いみたいで、アダプターにINPUT 100-240V などの表示があれば、120Vのグアムでふつうに使ってもOKなんだとか(これは100Vから240Vまでなら大丈夫ですよって意味)。なので、携帯とかPC、デジカメの充電器などを持っていく方は、アダプターをチェック!

次に、もし100V専用だったら?の話ですが、実際使ってみると、20Vしか差がないので、まあ使える場合が多いようです。

ただ、電圧の差がある以上、その機械に負担がかかることは確かなので、「ぜったい壊れてほしくない!」モノは、避けたほうが無難かも。もしくは、負担のないように、ちょくちょくつけたり切ったりしてみるとか・・・

100V専用の電化製品を使う場合、不安な方は、変圧器を使うのが確実でしょう。


◆コンセントの形状

混戦との形状は問題なく使えるので、変換プラグも必要ありません。


☆追記☆

わたしはアウトリガー泊ですが、変圧器が必要な方はフロントまで・・・って書いていたので、
もしかして借りれるのかもしれません。←実際に借りてはいないので、どうしても必要な方は事前に問い合わせとかしてくださいね~


以上、変圧器に関する記事でした~

「役に立った」と思ってくださる方は、クリック投票↓お願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村



海外リゾート ブログランキングへ