子連れ(赤ちゃん連れ)グアム旅行記~一歳児とママのブログ

一歳の娘を連れてのグァム旅行記です。アウトリガー泊。おすすめレストランやホテル、旅行のコツなどについてつづっていきます。

持ち物

ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!
子連れ、特に3歳くらいまでの子の場合、旅行に欠かせない荷物・・・おむつ!!

グアム旅行関係のおむつ事情、書いておこうと思います☆


おむつを持参するか、現地調達か?


おむつはかさばるので、現地調達しちゃおう!という方もいるかもしれません。
ある程度の期間なら、それなりに消費しますしね。

でも、結論からいうと・・・・あんまり おすすめできないかな。。。と思いました。

というのも、日本製のおむつって、割と優秀みたい。ほとんどネットですが色んな口コミを調べたところ、海外で買ったもの、あんまり評判よくありません。ゴワゴワしてたり、お尻が荒れてしまったり・・・何より、慣れないおむつでかぶれちゃったりしたら、楽しい旅行なのに子供も可愛そうですよね。

そんな下調べを経て、我が家は迷わず持参することに。実際、ちょこちょこのぞいてみたんだけど、ABCストアとかにはもちろんおいていないし、アウトリガー泊の我が家の場合、ちょっと手に入れるのに時間がかかってしまいそう。
土地勘のない海外でおむつ求めてうろうろするのって、得策でない気がします。

実際、子連れで動くのってわりと大変なので、「必要なものは極力持っていく」って方針、今回は正解だったと思います。現地調達も楽しいけど、「必須なもの」に関しては、なくて探し回るのは大きなロスなので。それに、使い慣れたものを使うのが、いちばんですしね。

独身時代とか、行き当りばったりで現地調達が多かった私ですが、明らかに必要なものはやっぱり持っていったほうが無駄がないなあ、といまさら気づいたりしてます(笑)


おむつの荷造り・パッキング


袋から出して、ふろしきに包んで(ふろしき、パッキングに便利でけっこう使う)、まとめてぎゅっと!かさばるけど、どのみちお土産を買って入れるスペースを考えたら、ちょうどいいんですよね。

あと、機内もちこみのおむつは別で持つことも忘れずに!


グアムに持参したおむつの数


私は、一日5枚で計算して、×5日分で25枚を持参。一歳三か月です。
プラス、水遊び用のパンツを8枚くらいだったかな。けっこう持っていきました。


下痢しちゃったりとか、そういう特別な時のことも考えたけど、キリがないので。。。

グアムで下痢しちゃったらあきらめて現地調達しよう、と思っていました。

※ただ、下痢したときこそおしりは荒れるので、おなかこわしやすい赤ちゃんの場合、多めに持っていくのは必要かも。我が家はあまり下痢しない子だったのでこんなおむつ方針をとりましたが。

おむつの数はぴったりだったかな。帰りは、行きにおむつをつめていたスペースは簡単に埋まりました(ショッピングしたものとかで・・・)なので、パッキングの合理性からもまぁ持っていっていいと思います。


グアム滞在中のおむつの捨て方


わたしはアウトリガー泊だったんですが、お部屋にゴミ箱が2つ・・・3つかな?あったので、そのうちのひとつに大きめのビニールを入れておむつ用ゴミ箱にして、ユニットバスのトイレのところに置きました。

で、小さいビニールをたくさん持って行って、使用済みのおむつはひとつひとつくるんで結んで捨て、

朝には、大きめのビニールの口を結んで、「please dispose」とメモをそえときました。

こんなので良いのかは正直いってわからないんだけど・・・・ご参考までに。


ちなみに、グアムでもらえるショッピング用の袋って薄いものが多い。。。使用済みおむつ入れてぎゅっと結んでも、心もとない感じ。。においモレしそうで。。

おむつのにおいモレが気になる方は、おむつを入れとく用のごみ袋(スーパー袋みたいなの)多めに持参した方がいいかもしれません。

以上、グアム旅行おむつ事情 でした!



にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村


海外リゾート ブログランキングへ


↑ランキング参加してます♪




ブログネタ
海外旅行に行きたいと思う? に参加中!

一歳児連れのグアム、持ち物は「持って行ってよかったもの」「いらなかったもの」など、さまざまですが、

「持って行っておいてよかった~!!」と思ったもののひとつが、ラッシュガード。
いろんなガイドブックに書いていますが、大人も子供もぜったい必須です。


グアムは思ったよりも日差しがきつくって、ラッシュガードなしだと絶対真っ赤だったと思う。

実際にプールで遊んでいても、水着+ラッシュガードを着てる子がほとんど。

我が家で購入したのは「ラッシュロンパース」ですが、気に入ったのでレビューしておこうと思います。





買う時に迷ったのが、長そでか半袖か?さらに、ロンパース型か上だけか?


結論からいうと、長そで・ロンパース型はよかったと思います。


全体的に、良さとしては、

・肌がほとんど隠れるので、あまり日焼けの心配をしなくてよかった

・ロンパース型は、水遊びパンツをはかせた上から一枚着るだけなので、楽でよかった

・ラッシュガードは乾きやすいので、一日何度もプールに行くときに便利だった

くらいかな~


ただ、ロンパース型ということで、サイズアウトも早いかも・・・って思ったり。。。

長そでパーカ型とかのほうが、デザインもたくさんある気がしますので、すでに水着をお持ちの方は、そのほうがいいかもですね。タウンユースにもできますしね。

我が家は、もう一人子供ほしいと思っていたので、サイズアウトしたら下の子に着せたらいいかなって思ったので、あまり大きいサイズを買うことはしませんでした。


購入レビューをみて、ちょっと小さめでフィットする感じという意見もあったので、ちょっと大きいと思いつつも「100センチ」を購入。

着ているむすめ。

no title


娘は、ふだんの服は80がジャストサイズなんですが、100はちょっと余裕があるくらいで、大きすぎる感じはしなかったです。

着ている姿、かわいいし(笑)、満足なお買いものでした。

ちなみに、春夏なら今ドキどこでもラッシュガード売っていますが、シーズンじゃない秋冬でもネットなら売っているので、便利だと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村


海外リゾート ブログランキングへ

↑ランキング参加しています♪


コテ、デジカメや携帯の充電器、ドライヤー・・・旅行に電気って欠かせないですよね。ただ、海外旅行でこれらをスムーズに使える?というと、変圧器やコンセントの変換プラグが必要なこともあります。

理由は、国によって電圧が違ったり、コンセントの形状が違うことがあるからです。
私も行く前にまず知恵袋とか探したんですが、「プラグにさしこめばふつうに使える」という声も、「ぜったいNG」という声もあって迷いました。

なので下調べした結果と、実際に行ってみた結果をまとめてみました~


◆グアムの電圧

まず、日本は100V、GUAMは120V。コンセントにつないだときの電圧は違います。

電圧の違うグアムで電化製品を使うと故障の原因になりますが、それは、日本の電化製品で100V専用だったらの話。

今はある程度使える電圧に幅を持たせている電化製品が多いみたいで、アダプターにINPUT 100-240V などの表示があれば、120Vのグアムでふつうに使ってもOKなんだとか(これは100Vから240Vまでなら大丈夫ですよって意味)。なので、携帯とかPC、デジカメの充電器などを持っていく方は、アダプターをチェック!

次に、もし100V専用だったら?の話ですが、実際使ってみると、20Vしか差がないので、まあ実は、使える場合が多いようです。

ただ、電圧の差がある以上、その機械に負担がかかることは確かなので、「ぜったい壊れてほしくない!」モノは、避けたほうが無難かも。もしくは、負担のないように、ちょくちょくつけたり切ったりしてみるとか・・・

100V専用の電化製品を使う場合、不安な方は、変圧器を使うのが確実でしょう。


◆コンセントの形状

コンセントの形状は問題なく使えるので、変換プラグも必要ありません。


☆追記☆

わたしはアウトリガー泊ですが、変圧器が必要な方はフロントまで・・・って書いていたので、
もしかして借りれるのかもしれません。←実際に借りてはいないので、どうしても必要な方は事前に問い合わせとかしてくださいね~
実際、壊れない方がいいですし。


以上、変圧器に関する記事でした~

「役に立った」と思ってくださる方は、クリック投票↓お願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村



海外リゾート ブログランキングへ



このブログでも、たびたび「持ち物」については触れてきました。

☆グアム編の持ち物関係の記事はこちら☆

一歳児子連れグアム旅行 持ち物編

持ち物―持っていけばよかったもの、持って行ってよかったもの


というわけで、ここでは、持ち物準備のポイント・・・グアムに限らず、っていうところをちょっと書いてみたいと思います。


<一家にひとつ持ち物リストをつくろう>

上記リンクの記事で持ち物リストを載せていますが、このリスト、実は今現在も使いまわしています。
子連れって荷物が多いし、忘れちゃいけないものも多い。

旅行に行くたびに何を持っていくかチェックするのは大変なので、一度「我が家のリスト」を作ってしまって、その時々に応じて足し引きするがオススメ。

最初はガイドブックとか見ながら準備していたんだけど、我が家ならではの必須旅行グッズってあるので(私のむくみどめソックスやコンタクト、旦那のための頭痛薬、娘のための石鹸やお食事用スタイなど)「わがやのリスト」を作ってからは、旅行準備がすごくラクになりました。

忘れものも少なくなりますしね。
あと、現地に忘れてくるのも少なくなりました(笑)←パッキング終わったあとに見直せる。

さりげに大切なのは、行ったあとに「必要だったかも」って思ったものを書き留めておくこと。
次に行くとき役立ちます。

わたしは、スマホのメモでひとつ「旅行もちもの」というリストをつくって、そこにまとめています。


<手荷物リストもつくっておこう>


いつも手元に持っておくのが必要なものってあります。

我が家の場合は、おむつ2セット、ウエットティッシュ、お財布、携帯、リップ、お食事用スタイ、ムスメの水筒くらいかな。

飛行機に乗る場合なら、預ける荷物としっかり区別しとかなきゃいけないし、車で移動するときでもトランクじゃなく手元に持っておくものが分けて管理されているとラクです。

なので、手荷物リストも一緒につくっておけば、「あ!あっちに入れちゃった!」なんてこともなく、便利。持ち物リストとあわせて、整理して書いておくと便利、です。


<持っていくものと持っていかないものの区別>

子連れや赤ちゃん連れだと、ついトラブルが起こったときのことを考えてしまうし、何かあったときに必要かも・・・と思ったものをとにかくつめこんでしまいがち。
結果、荷物はどんどん重く。。。なんてこともあると思います。

私の場合は、方針として「現地調達」ということは考えないようにしてます。
現地で買うために焦るのも嫌だし、気に入ったものがなければ嫌なので。

というわけで、必要なものはすべて持っていく。
その代りに、量に関してはしっかり考えて無駄なく準備。小分けできるものは小分けにして、少しずつ量を減らして持っていく・・・というようにしています。
化粧品やボディクリーム、シャンプーやリンス、常備薬も、全部小分けにすればわりとコンパクトになります。

そして、基本的に、兼用できるものはなるべく兼用。
おしりふきとウエットティッシュを持っていくなら、おしりふきひとつでOK。
パジャマは基本持っていかず、その分、外着にもできる着やすいものをひとつパジャマ用に(そうすると、いざ外着が足りなくなったときに使いまわせる)

あと、「体温計いるかなー?でもホテルに頼んだらあるかも?」とか思ったら、電話をかけられるところならぱぱっとかけちゃって聞くようにしています。

赤ちゃん用のせっけんとかも。
それだけで荷物が減るし・・・小さいことだけどね。


<大人は我慢がきく>

子供の荷物は、なるべく不足しないように入れますが、大人の荷物はなるべく減らします。というのも、大人のほうが我慢がきくし、代替品を手に入れやすいから。

大人の着るものが足りなくなったら、子供のものよりは現地で手に入れやすいし、ちょっと我慢してもいいや、くらいの気持ちです。というか、面積や重さから考えて、大人の荷物を減らすほうが効果的なんですよね。


<「場所を取らない、楽しめるグッズ」を考えよう>

旅行にはちょっとした遊びゴコロも大切。・・・なので、「あれば便利、でもかさばらない」ってものはちょこちょこ入れちゃったりしてます。

たとえば、娘用にシール何枚かとか(ぐずったときとか、ホテルでヒマしたときに便利)、

自分用に、爪みがきとか(ふだんネイルの手入れなかなかしないので、いい機会かと)。

こういうモノ、普段から「あ、次、これもっていこー」ってアイデアをためていきたいなぁと思ってます。


以上、結構思いつくまま・・・でしたが、荷造りのポイントとして思いつくところを書いてみましたー。
荷物を減らすのは、ほんと経験と努力だなぁと思います。


子連れ旅行って、準備がけっこう大変だったりしますよね。
そのぶん、荷造りが効率よくできたら、お出かけのハードルも下がると思うので、追求しています♪


にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村


海外リゾート ブログランキングへ



今回のグアムに向けて購入したものたち☆

まず、ラッシュガード。夫婦&一歳児ムスメのぶん、みっつ購入しました。


わたしの。




娘の。



夫の。
ラッシュガードは、結果的に買っていって大正解だったと思います。

ふつうのパーカー着てる人(子)もいましたが、ふつうのパーカーって乾きにくいし、濡れると動きにくいんですよね。グアム滞在中、何度もプール入って乾かして、って繰り返していたので、全員分のラッシュガードを買っていったのはよかったと思います。

(ちなみに、日差しが強烈なので、長袖ナシで遊ぶのは絶対オススメしません!)



それから、うきわ。ムスメの使う、脚を入れて乗るやつー。



購入はネットで。
季節外れでも、今はネットで買えちゃうから便利ですよね。夏に行く方なら、店舗で見て買うのも良いと思いますが。



あと、現地調達も少し迷ったんだけど・・・・


情報をあつめてみたら、現地では意外とサイズがなかったり、デザインがなかったりで調達しにくいって声が多かったのです。

で、時間のロスを防ぐために日本で買いましたー。

ネットだったらいろんなデザインとサイズがあるし♪

結果的にこれも正解だったと思います。探し回らないで済みましたし、ホテルついた初日からプール行けて、時間を有効活用できた気がします♪



以上、今日はグアムに向けた購入物の紹介でしたー


ランキング2種類に参加しているので、参考になったと思ってくださる方はクリック↓お願いします~

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村


海外リゾート ブログランキングへ

※一日一クリックで投票できます。



↑このページのトップヘ