子連れ(赤ちゃん連れ)グアム旅行記~一歳児とママのブログ

一歳の娘を連れてのグァム旅行記です。アウトリガー泊。おすすめレストランやホテル、旅行のコツなどについてつづっていきます。

グアム旅行

ブログネタ
海外旅行の準備 に参加中!
子連れでいってきたグァム行きの持ち物、最終版に更新しました~!
ポイント的には、荷造り前にきちんと「いるもの」「いらないもの」をチェックしておくこと。
これで、無駄な荷物を持っていくことを少し防げると思います。

それでは、リスト。

荷造りの前にチェックしておきたいこと


・ホテルの備品はどんなものがあるか?
・コインランドリーはあるか?
・持ち物の規定、重さなどは最新情報を航空会社のホームページで

うちは、コインランドリーがあるホテルに泊まったので、着替えとかはこんなにいらなかったなぁ、という感じでした。そのほか、たとえば幼児用の浮き輪とか水遊び道具、ライフジャケットなどはホテルで借りられる場合もあります。これら、かさばるので、現地で借りれそうなら置いていった方がよいかも。

今は「行った人のブログ」や、ホームページなどで気軽にチェックできますので。

あと、預けられる荷物は航空会社によってOKな重さが違うので、事前にチェックしときましょう♪


では、詳しいリスト~。


子供用の持ち物


・おむつ、おしりふき
・ビニール袋(おむつ捨てる用)
・水遊び用おむつ
・幼児用うきわ
・着替え、スタイ
・麦茶パック
・パスポート
・常備薬
・水着、ラッシュガード
・ぼうし
・ランチボックス
・スプーン
・絵本
・ながそでパーカ
・保冷剤(ベビーカーにつけるやつ)
・折り畳みの小さいクーラーボックス
・母子手帳
・マグ、すいとう
・体温計
・ひやけどめ
・くつ
・むしよけ
・小さいバケツ
・おかし

大人用の持ち物


・着替え
・水着、ラッシュガード
・化粧ポーチ
・スキンケアセット、リンス
・コンタクト、めがね
・本
・海外旅行保険の連絡先など
・パスポート
・お金
・パソコン
・ぼうし
・常備薬
・ジップロック
・ヘアアクセ
・洗剤
・サングラス
・ビデオカメラ、カメラ、コード類
・USB
・雨具
・航空券
・ガイドブック
・ハンドタオル
・変圧器(?)

グアムの荷造り時の注意点

で!!

わたしも詳しいこと知らなかったんですが、持ち物の注意点について列挙。

離乳食

外食時に、離乳食ランチセットみたいなやつをいつも使っているんですが、
狂牛病の騒ぎ後、グアムに肉類・肉類エキス入りのものは持ち込めなくなっているのだそう。

だから、ランチセット持っていけない~~
これは現地調達で。我が家はもう普通食で、パンとかも食べれるので意外に困りませんでした。

マグ

基本的に飛行機に飲み物は持ち込めないんですが、ベビー用のマグはOKでした。手荷物検査のときに「赤ちゃん用(フォーベイビー)っていったらOKです。

飛行機の耳抜き用に(大人でもキーンてなりますよね)あってよかったです。。
飲み物が足りなくなっても、CAさんに頼んだら水いれてもらえたし。

あと、パソコンは手荷物じゃなきゃいけないとか、重量制限とか、いろいろ知らないことがいっぱい。
私はデルタ航空だったので、ホームページで事前にチェックしました。
デルタの手荷物についてのリンクはこちら

いつもお買いものしすぎちゃって帰りに困るって方は、一度荷物の大きさの規定とかチェックしておくといいですよ~
2012年6月時点では、預ける場合の荷物はひとり一個、23キログラムまで。それを超えると料金がかかります。

持ち物の関連記事などはこちら↓









持ち物―持っていけばよかったもの、持って行ってよかったもの



ホテル全体のレビューはこちら。

最高に便利なホテル!アウトリガー・グアム・リゾートは子連れにもオススメ



あと、現地調達について。

もともと、「ラッシュガード」「幼児用うきわ」は、我が家は現地調達しようと思っていました。

でも、一歳児連れだと時間のロスは極力なくしたいし、
GUAMでは意外とデザインやサイズがないって話もきくし(yahoo知恵袋で質問した)、

焦りたくないので、我が家は絶対に使うとわかっているもので、用意できるものはぜんぶ用意する方針でいくことにしました。

結果的に、これは成功。メイシーズとかでも意外とサイズなかったり高かったり。持っていってなかったら、探すだけで時間取っちゃったと思うのですが、もともと買って準備しておいたので、焦らずにできてよかったです。日本が夏のシーズンじゃないときでも、ネットショップではたくさん売っているので、購入に困ることはないはず。



☆いったあとの追記☆

これ必要だったな!!というものは、ベビーカー用のフック。

ベビーカーはレンタルだったんですが、荷物かけるフックがあったらよかったなぁ、と思いました。
軽いものだし、もっていったら楽ですよ。


あと、持って行ってよかった!と思ったのは、バケツ。

砂遊び用におもちゃのちいさなバケツもっていったのですが、おふろに入れるときに洗面器がわりに使えて便利でした。



以上、色々と書きましたが、子連れ海外旅行の持ち物編でした。
大人だけの旅行なら、持ち物が足りなくてもなんとでもなりますが、子連れの場合はそうもいかない場合も多い。
なので、できる限り無駄なく不足なく、事前に準備できるのがベストかなと思います。


ランキング2種類に参加しているので、「役に立った」と思ってくださった方はクリック↓お願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村



海外リゾート ブログランキングへ





ブログネタ
グアム に参加中!
何度海外に行っても、慣れないのがチップの習慣。

日本にない習慣だから、不慣れなのもあたりまえ・・・と思う方もいるかもしれないけど。

郷に入れば郷に従えというし、やっぱりその国の文化に合わせてこその海外旅行ですよね☆


というわけで、今回のグアム旅行でのチップに関して書いてみますねー。


チップに関しては、適切な額って人それぞれだと思います。満足したら多めに渡せばいいし、あんまり満足じゃなければ払わなくっても、理屈上はかまわないんです。

(といっても、ウェイターさんやポーターさんはチップが主な収入源ですから、全然渡さないのは失礼)

あくまで我が家の一例として、ご参考までに・・・。


・ホテルのルームメイク(アウトリガー。ツインのルーム)
 朝、ベッドサイドのボードに3ドル。「thank you」のメモをそえて。

・ホテルのボーイさん
 ベッドガードを持ってきてもらったときに、1ドル。
 タクシー呼んでもらったときに、1ドル。

・レストラン
 グレードにもよるんだろうけど、だいたい15%くらいで、端数のないように。
 

我が家では、これくらいかなぁ。

レストランは、すでにサービスチャージが入っている場合が多かったので、二重払いにならないように伝票を確認していました。

サービスチャージがすでに入っているときでも、現金で払う時は、端数はおつりをもらわずにチップに、とか。


わたしは、そんなにひんぱんに海外に行くわけじゃないので、最初に海外旅行に行ったときには、「チップ?面倒!」って思っていたけど、慣れてきたら何とも思わなくなりました。

というか、サービスの対価をお客が決めるって、理にかなっているのかもしれませんね。


以上、我が家のチップ事情でした♪

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村

海外リゾート ブログランキングへ


↑ランキング参加してます♪


<スポンサーリンク>

今回のグアムに向けて購入したものたち☆

まず、ラッシュガード。夫婦&一歳児ムスメのぶん、みっつ購入しました。


わたしの。




娘の。



夫の。
ラッシュガードは、結果的に買っていって大正解だったと思います。

ふつうのパーカー着てる人(子)もいましたが、ふつうのパーカーって乾きにくいし、濡れると動きにくいんですよね。グアム滞在中、何度もプール入って乾かして、って繰り返していたので、全員分のラッシュガードを買っていったのはよかったと思います。

(ちなみに、日差しが強烈なので、長袖ナシで遊ぶのは絶対オススメしません!)



それから、うきわ。ムスメの使う、脚を入れて乗るやつー。



購入はネットで。
季節外れでも、今はネットで買えちゃうから便利ですよね。夏に行く方なら、店舗で見て買うのも良いと思いますが。



あと、現地調達も少し迷ったんだけど・・・・


情報をあつめてみたら、現地では意外とサイズがなかったり、デザインがなかったりで調達しにくいって声が多かったのです。

で、時間のロスを防ぐために日本で買いましたー。

ネットだったらいろんなデザインとサイズがあるし♪

結果的にこれも正解だったと思います。探し回らないで済みましたし、ホテルついた初日からプール行けて、時間を有効活用できた気がします♪



以上、今日はグアムに向けた購入物の紹介でしたー


ランキング2種類に参加しているので、参考になったと思ってくださる方はクリック↓お願いします~

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村


海外リゾート ブログランキングへ

※一日一クリックで投票できます。



旅行するうえで、設備って大切ですよね~~~~

私が行ったときは、仕事を持っていく必要があり、インターネット接続環境は必須でした。なので、Wi-Fiが使えるホテルというのは必須事項で。


ということで、旅行会社にあらかじめ確認。


アウトリガーでは、部屋でもロビーでもWi-Fi(無線LAN)がとんでいるので、ネット接続は可能とのことでした!これ、スマホもってってる人でも便利ですよね。


◆接続方法

アウトリガーでは、フロントにいうとWi-Fiのパスワードを書いた紙をもらえるので、それで接続すればOKでした。スマホもPCも、どちらも問題なく接続できました。

部屋・ロビー両方でWi-Fi接続できますが、別のWi-Fiを使っているようで、ふたつパスワードがあるようですので、どちらで使うか(もしくは両方)言って、パスワードをもらうと良いかと。わたしが使ったときは、問題なく使えるんですがそれほどサクサク動くという感じではなく、それなりに時間がかかりましたが・・・このへんのスピード、今は改善されてるといいなぁと思いつつ。。。


◆ロビーでインターネット♪

旅先でも仕事のメールチェックしてる方とか、ブログやSNSのアップをしてる方とか、きっと多いんでしょうね。ロビーでは、PC開いている人がちらほらいました。アウトリガーのロビー、けっこう開放的で居心地が良かったです。珈琲とか買って長居してもいい気分でしたー



ちなみに、スマホの使い方もろもろについては別記事で↓




いまは、あちこちでWi-Fiの使える場所があるので、あまり困ることはないと思いますが・・・
今日はグアムのインターネット接続事情でした。


参考になったな~と思ってくださる方は、↓クリックお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村


海外リゾート ブログランキングへ

※一日一クリックで投票できます。



ブログネタ
グアム に参加中!
アウトリガーにはコインランドリーがあり、お洗濯もラクラクでした♪場所は、フロントの下の階。

こんな感じの洗濯室。使い方も日本語で書いてます。

no title

no title


洗濯機と乾燥機別れていて、どちらも一回2ドル。
※グアムは常夏なので、外に干しといたらすぐに乾きそうですが、文化的に外に干すのはNG。乾燥機を使うのが標準て感じです。

使うときには、25セントコインが8枚必要です。なかったとしても両替機があるからあんしん。

あ、フロントで両替もしてもらえたよ!←最初、この両替機の存在を知らなくて・・・
no title

洗剤も柔軟剤も、自販機みたいなのがあって買えるけど(1.25ドル)、割高だし、日本からいつものを持って行ったほうが安心かも!

我が家は小分けにして持参しました。


お洗濯事情は、ちょこちょこ必要なものは(娘のスタイとか水着だけとか)お部屋で洗ったりしつつ、たまったらアウトリガー内のコインランドリーを使いに行くという感じでした。

夜は混んでいるときもあったのですが、お昼間はコインランドリーわりとすいていて、いつ行ってもスムーズに使えました。



以上、アウトリガーのお洗濯レビューでしたっ

関連記事はこちら↓

アウトリガーグアムレビュー:お部屋。

アウトリガーグアムレビュー:プール&海。


アウトリガーグアムレビュー:ロケーションその他。




ランキング2種類、参加しているので、「役に立った」と思った方はクリック↓お願いします~

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村



海外リゾート ブログランキングへ



↑このページのトップヘ