子連れ(赤ちゃん連れ)グアム旅行記~一歳児とママのブログ

一歳の娘を連れてのグァム旅行記です。アウトリガー泊。おすすめレストランやホテル、旅行のコツなどについてつづっていきます。

持ち物

今日は、一歳児子連れグアムの持ち物について書いてみようと思います。


詳しいリストは下記の記事に載せてるんですが、今日は「持って行ってよかったもの」と、「持っていけばよかったもの」「いらなかったもの」について書いてみますね。

一歳児子連れグアム旅行 持ち物編



<持って行って良かったもの>

・バケツ

→ムスメの砂遊び用のバケツ。お風呂で体洗う時にも重宝でした。特にシャワーの取り外しができないホテルとかだと、子供を洗うのは大変なので便利かもしれません。そのほか、ちょっと子供のものを洗うときとかにも、便利でした。洗面器、ないんですよね。当たり前かもしれないですが

・パソコン

→仕事用に持って行ったんですが、アウトリガーはWi-Fiでネット接続できるので便利でした。
その日食べるレストランを調べたり、ほしいブランドのあるお店を調べたり、日本のものと料金比較したりと、なにかと重宝。SNSとかブログやるのにも良いかもしれないです。いまはスマホでもいいかもしれないですけど。

私はだいたいロビーでネットしていました。

・サンダル

→ムスメ分、まだそんなにたくさん歩かないんだけど、サンダル買って持っていきました。

普通の靴でもいいかなぁと思ったんだけど、グアム暑すぎて、とても靴下・靴をはかせる気になれなかったので、サンダル買っといてよかったと思いました。一歳児だと、まだ持っていない方も多いかもしれませんが、きちんと足に合わせて買って、持っていったほうがいいと思います。ABCマートなどで売ってないこともないけど、サイズもはきごこちもやっぱり大事なので。
我が家はクロックスを買いました。


<持っていけばよかったもの>

・コーヒー&フィルタ

→ホテルのお部屋のコーヒーが「超まずかった」んです・・・。
(アウトリガー泊でした)

コーヒー党のわたしは、おいしいコーヒーが飲みたくて仕方なく。。。

コーヒー自体は、いろんなものが売っていていろいろ試すのも楽しいので、フィルター数枚持っていくとよかったかな。もしくは、もっと簡単にインスタントコーヒーとかでも。


・ナイフ

→果物を買って食べよう!と思っている方は、ちいさいナイフ持っていくと便利かも。
(かならず、機内持ち込みでなく預ける荷物に入れてくださいね)

6月のグアムは、マンゴーおいしかったです。グアムの場合、決まったホテルに数日滞在っていう方が多いと思うので、最初の方にスーパー行って、くだものとか買って冷蔵庫に入れておくの、オススメです。我が家はマイクロネシアモールのペイレスで買いました。


・ベビーカー用フック

→レンタルする方は、荷物かけるフックを持っていくと便利です。そんなにかさばらないし、オススメ。


<いらなかったもの>

・着替え

→子供は汗をかくので、4セット+パジャマを持って行っていましたが、コインランドリーがあったので、そんなにいりませんでした。
現地でも子供服を買う予定にしているなら、2セット+パジャマくらいでもいいかも・・・。

・麦茶パック

→麦茶好きの子供もいると思いますが、我が家は水でOKだった~
作るのが面倒で、結局そのままに・・・。ただ、かさばらないので、念のため持っていってもいいと思いますが。

・ビニール系

→汚れもの入れるようにたっぷり持って行っていましたが、あんまりいらなかったかも。
というのも、ABCストア(コンビニ)とかに行くと、しょっちゅうバカでかい袋をくれるので・・・。
ただ、おむつを捨てる袋はペラペラじゃないものにしたかったので、日本製のものは臭いモレしなくてよかったです。おむつ用の袋は逆に必須かも。

・日傘

→これは、好みによりけりかもしれませんが、私はいらなかったです。なんか、さしてるのTHE日本人って感じでちょっと恥ずかしかったので・・・結局ほとんど使いませんでした。なんといっても結構かさばるので、次回は思い切って置いていく予定。


持ち物は、それぞれの過ごし方や好みによって必要なものが変わってくると思いますので、あくまで一例としてチェックしてくださいね☆


にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村


海外リゾート ブログランキングへ

↑ランキング参加していますので、「役に立った」と思ったら、クリックしていただけると嬉しいです♪


ブログネタ
海外旅行の準備 に参加中!
子連れでいってきたグァム行きの持ち物、最終版に更新しました~!
ポイント的には、荷造り前にきちんと「いるもの」「いらないもの」をチェックしておくこと。
これで、無駄な荷物を持っていくことを少し防げると思います。

それでは、リスト。

荷造りの前にチェックしておきたいこと


・ホテルの備品はどんなものがあるか?
・コインランドリーはあるか?
・持ち物の規定、重さなどは最新情報を航空会社のホームページで

うちは、コインランドリーがあるホテルに泊まったので、着替えとかはこんなにいらなかったなぁ、という感じでした。そのほか、たとえば幼児用の浮き輪とか水遊び道具、ライフジャケットなどはホテルで借りられる場合もあります。これら、かさばるので、現地で借りれそうなら置いていった方がよいかも。

今は「行った人のブログ」や、ホームページなどで気軽にチェックできますので。

あと、預けられる荷物は航空会社によってOKな重さが違うので、事前にチェックしときましょう♪


では、詳しいリスト~。


子供用の持ち物


・おむつ、おしりふき
・ビニール袋(おむつ捨てる用)
・水遊び用おむつ
・幼児用うきわ
・着替え、スタイ
・麦茶パック
・パスポート
・常備薬
・水着、ラッシュガード
・ぼうし
・ランチボックス
・スプーン
・絵本
・ながそでパーカ
・保冷剤(ベビーカーにつけるやつ)
・折り畳みの小さいクーラーボックス
・母子手帳
・マグ、すいとう
・体温計
・ひやけどめ
・くつ
・むしよけ
・小さいバケツ
・おかし

大人用の持ち物


・着替え
・水着、ラッシュガード
・化粧ポーチ
・スキンケアセット、リンス
・コンタクト、めがね
・本
・海外旅行保険の連絡先など
・パスポート
・お金
・パソコン
・ぼうし
・常備薬
・ジップロック
・ヘアアクセ
・洗剤
・サングラス
・ビデオカメラ、カメラ、コード類
・USB
・雨具
・航空券
・ガイドブック
・ハンドタオル
・変圧器(?)

グアムの荷造り時の注意点

で!!

わたしも詳しいこと知らなかったんですが、持ち物の注意点について列挙。

離乳食

外食時に、離乳食ランチセットみたいなやつをいつも使っているんですが、
狂牛病の騒ぎ後、グアムに肉類・肉類エキス入りのものは持ち込めなくなっているのだそう。

だから、ランチセット持っていけない~~
これは現地調達で。我が家はもう普通食で、パンとかも食べれるので意外に困りませんでした。

マグ

基本的に飛行機に飲み物は持ち込めないんですが、ベビー用のマグはOKでした。手荷物検査のときに「赤ちゃん用(フォーベイビー)っていったらOKです。

飛行機の耳抜き用に(大人でもキーンてなりますよね)あってよかったです。。
飲み物が足りなくなっても、CAさんに頼んだら水いれてもらえたし。

あと、パソコンは手荷物じゃなきゃいけないとか、重量制限とか、いろいろ知らないことがいっぱい。
私はデルタ航空だったので、ホームページで事前にチェックしました。
デルタの手荷物についてのリンクはこちら

いつもお買いものしすぎちゃって帰りに困るって方は、一度荷物の大きさの規定とかチェックしておくといいですよ~
2012年6月時点では、預ける場合の荷物はひとり一個、23キログラムまで。それを超えると料金がかかります。

持ち物の関連記事などはこちら↓









持ち物―持っていけばよかったもの、持って行ってよかったもの



ホテル全体のレビューはこちら。

最高に便利なホテル!アウトリガー・グアム・リゾートは子連れにもオススメ



あと、現地調達について。

もともと、「ラッシュガード」「幼児用うきわ」は、我が家は現地調達しようと思っていました。

でも、一歳児連れだと時間のロスは極力なくしたいし、
GUAMでは意外とデザインやサイズがないって話もきくし(yahoo知恵袋で質問した)、

焦りたくないので、我が家は絶対に使うとわかっているもので、用意できるものはぜんぶ用意する方針でいくことにしました。

結果的に、これは成功。メイシーズとかでも意外とサイズなかったり高かったり。持っていってなかったら、探すだけで時間取っちゃったと思うのですが、もともと買って準備しておいたので、焦らずにできてよかったです。日本が夏のシーズンじゃないときでも、ネットショップではたくさん売っているので、購入に困ることはないはず。



☆いったあとの追記☆

これ必要だったな!!というものは、ベビーカー用のフック。

ベビーカーはレンタルだったんですが、荷物かけるフックがあったらよかったなぁ、と思いました。
軽いものだし、もっていったら楽ですよ。


あと、持って行ってよかった!と思ったのは、バケツ。

砂遊び用におもちゃのちいさなバケツもっていったのですが、おふろに入れるときに洗面器がわりに使えて便利でした。



以上、色々と書きましたが、子連れ海外旅行の持ち物編でした。
大人だけの旅行なら、持ち物が足りなくてもなんとでもなりますが、子連れの場合はそうもいかない場合も多い。
なので、できる限り無駄なく不足なく、事前に準備できるのがベストかなと思います。


ランキング2種類に参加しているので、「役に立った」と思ってくださった方はクリック↓お願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村



海外リゾート ブログランキングへ





ブログネタ
海外旅行に行きたいと思う? に参加中!

一歳児連れのグアム、持ち物は「持って行ってよかったもの」「いらなかったもの」など、さまざまですが、

「持って行っておいてよかった~!!」と思ったもののひとつが、ラッシュガード。
いろんなガイドブックに書いていますが、大人も子供もぜったい必須です。


グアムは思ったよりも日差しがきつくって、ラッシュガードなしだと絶対真っ赤だったと思う。

実際にプールで遊んでいても、水着+ラッシュガードを着てる子がほとんど。

我が家で購入したのは「ラッシュロンパース」ですが、気に入ったのでレビューしておこうと思います。





買う時に迷ったのが、長そでか半袖か?さらに、ロンパース型か上だけか?


結論からいうと、長そで・ロンパース型はよかったと思います。


全体的に、良さとしては、

・肌がほとんど隠れるので、あまり日焼けの心配をしなくてよかった

・ロンパース型は、水遊びパンツをはかせた上から一枚着るだけなので、楽でよかった

・ラッシュガードは乾きやすいので、一日何度もプールに行くときに便利だった

くらいかな~


ただ、ロンパース型ということで、サイズアウトも早いかも・・・って思ったり。。。

長そでパーカ型とかのほうが、デザインもたくさんある気がしますので、すでに水着をお持ちの方は、そのほうがいいかもですね。タウンユースにもできますしね。

我が家は、もう一人子供ほしいと思っていたので、サイズアウトしたら下の子に着せたらいいかなって思ったので、あまり大きいサイズを買うことはしませんでした。


購入レビューをみて、ちょっと小さめでフィットする感じという意見もあったので、ちょっと大きいと思いつつも「100センチ」を購入。

着ているむすめ。

no title


娘は、ふだんの服は80がジャストサイズなんですが、100はちょっと余裕があるくらいで、大きすぎる感じはしなかったです。

着ている姿、かわいいし(笑)、満足なお買いものでした。

ちなみに、春夏なら今ドキどこでもラッシュガード売っていますが、シーズンじゃない秋冬でもネットなら売っているので、便利だと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村


海外リゾート ブログランキングへ

↑ランキング参加しています♪


今回のグアムに向けて購入したものたち☆

まず、ラッシュガード。夫婦&一歳児ムスメのぶん、みっつ購入しました。


わたしの。




娘の。



夫の。
ラッシュガードは、結果的に買っていって大正解だったと思います。

ふつうのパーカー着てる人(子)もいましたが、ふつうのパーカーって乾きにくいし、濡れると動きにくいんですよね。グアム滞在中、何度もプール入って乾かして、って繰り返していたので、全員分のラッシュガードを買っていったのはよかったと思います。

(ちなみに、日差しが強烈なので、長袖ナシで遊ぶのは絶対オススメしません!)



それから、うきわ。ムスメの使う、脚を入れて乗るやつー。



購入はネットで。
季節外れでも、今はネットで買えちゃうから便利ですよね。夏に行く方なら、店舗で見て買うのも良いと思いますが。



あと、現地調達も少し迷ったんだけど・・・・


情報をあつめてみたら、現地では意外とサイズがなかったり、デザインがなかったりで調達しにくいって声が多かったのです。

で、時間のロスを防ぐために日本で買いましたー。

ネットだったらいろんなデザインとサイズがあるし♪

結果的にこれも正解だったと思います。探し回らないで済みましたし、ホテルついた初日からプール行けて、時間を有効活用できた気がします♪



以上、今日はグアムに向けた購入物の紹介でしたー


ランキング2種類に参加しているので、参考になったと思ってくださる方はクリック↓お願いします~

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村


海外リゾート ブログランキングへ

※一日一クリックで投票できます。



ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!

海外行くときに欠かせないのが、海外旅行保険。

日本とは医療費もぜんぜん違うので、入っておくのがぜったいに必須!です。

というか、場所によっては、保険に入っていなかったら治療すらまともにしてもらえないなんてこともあるらしい・・・海外の事情ですよね。。。

我が家は、こんな感じの海外旅行保険に入りました。
※あくまで一例の公開です。



補償額


死亡・後遺障害 2000万円
障害・疾病治療費用 200万円
携行品損害 20万円
賠償責任 2000万円
救援者費用など 200万円


これ、クレジットカードの付帯保険。


おなじようにカードの付帯保険を使う方は多いと思いますが、注意点をいくつか、書いておきますね。


<u>・補償内容の確認は必須!</u>

クレジットカードの付帯保険って、最近は無料カードの場合廃止される場合もあるし、
額が十分でない場合もあるし、
適用条件(たとえば、そのカードで旅行代金を払っているとか)がある場合もあるので、
事前に確認しておくこと必須です。

クレジットカードについてるしーって悠長に構えていて、実はついていなかったら大変ですから。
ちなみに我が家はオリコカード。年額いくらかは払っているカードです。

<u>・連絡先を控えておくこと。</u>


何かあった場合の海外からの緊急連絡先もメモっとく必要があります。


カード付帯じゃなくて別で海外旅行保険に入った場合、そういう場合の「ご利用の手引き」をもらえるけど、

カード付帯の場合はそんなのないので、自己責任で連絡先は調べて持っていくこと!



<u>・保険の適用範囲の確認</u>


我が家は、家族カードなので旦那とわたしのぶんは家族カードでOK。


ただ、一歳児のムスメは保険の適用範囲外になるので、彼女のぶんは損保ジャパンの「off!」ってやつで手配。

ココのは、必要な保障を「バラがけ」できるので、カード付帯の保険に追加して入るのにも便利ですよ。
無駄なく入れたかなぁと思っています。



以上、本日は海外旅行保険の紹介でした~


ランキング2種類に参加してるので、「役に立った」という方はクリック↓お願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村



海外リゾート ブログランキングへ

※一日1クリックで投票できます


↑このページのトップヘ